ルーフワークス > ルーフワークスについて
今まで探していた働き方はこれなんだ。これで家族を幸せにしたい。ルーフワークス合同会社代表 南 衣織

ルーフワークスについて

About Roof Works

40年間を過ごした地元川崎市に私の仕事で貢献させていただきたい。

我々ルーフワークスは地元川崎への恩返しとして当社の独自のキャンペーン、
時に完全ボランティアとしてこのサイトに全ての想いとサービスを盛り込みました。是非ご覧下さいませ。

価格は可能な限り明確化そして定額(仕入れ価格が変わらないことを前提に)で他社とは差別化、カウンターのお寿司屋さんではなく回転寿司屋さんを目指します。

過度に大きな会社組織は大手リフォーム会社にお任せいたします。
小さくそして機動力がある、お客様目線でコンパクトな会社組織を目指します。

やっと見つけた生き方、働き方。ルーフワークス設立までの道のり

「今まで探していた働き方はこれなんだ。これで家族を幸せにしたい。」

あれは東京都杉並区にて建てられた新築現場の屋根の上。時間は定時を疾うに超えた19:00。
こう思ったのは近そうで遠く過去の平成13年頃と記憶しています。屋根業界に身を寄せてから1年後。
確かにそう感じ、そして自分の心に堅く誓った27歳の夜。

その誓いのために自分の人生の全てを賭けた修行時代の約5年間。
誓いを現実のものにするため過度に負荷を掛け過ぎて入院は2回。生命に関わらないちょっとした怪我は数えられません。

目標があったからこそ腐らず、愚痴らず、ただ真っ直ぐに遠くを見据え、志は高く、
光が差し込む場所を求め一心不乱に仕事にのめり込みました。

毎日が勝負であり、間違いなく命がけでした。

毎日が勝負であり間違いなく命を掛けた、そして私の今を形成した懐かしくも愛おしい日々でした。

この仕事を続けられたのは私だけの力ではありません。
勾配のある屋根の上が私達の仕事場。まるで毎日の業務そのものがアスリートのトレーニング。

「俺は生まれ変わっても絶対に屋根屋だけはやらない」と大工さんに言われるほど重労働と言えばわかりやすいでしょうか。

真夏はモワモワとする熱気がまとわりつき、灼熱の太陽は私に恨みでもあるかのごとく照らし続けます。
真冬は逆で痛いほどの冷たい空気が体を刺すように、手足の指先の感覚とやる気を削いでいきます。
薄光りしか与えてくれない太陽はどうしても私達屋根職人に味方はしてくれません。

屋根屋はお天気商売

誰が考えたコピーか知りませんが皮肉たっぷりで言い得て妙です。
そんな過酷な労働環境ですが私はこの仕事が天職だと思ってやってこれました。

あの誓いを立てられたのは家族がいてくれたからこそのものですが、そのモチベーションを維持していられたのはお世話になった先輩方や師匠の存在がありました。何もわからない頃から色々なことを教えていただいた先輩方。
そして仕事のことだけに関わらず”生きていくこと”をその生き様で示してくれた師匠。

先輩方や師匠の背中を見て職人としての覚悟や使命、そして存在意義と仕事へのプライド。
どれも現在の私にとっては欠かせないものになっています。
私は彼らと出会ったおかげでこの仕事を続けられていると感じています。本当に感謝しかありません。

そして嬉しい時はもちろん、苦しい時も上手くいかない時も共に汗を流してくれている弟。

ルーフワークスに賭ける想いの原点は地元川崎への感謝の気持ち

今年で41歳を迎える私は盟友である弟と共に、屋根のリフォームを主力業務にしたルーフワークスを川崎市で設立いたしました。

多摩川が流れる土手沿いに位置するサクラノ幼稚園、母も私も子供達も通った下河原小学校、
初めてブレザーの袖を通した平間中学校、通称”茶羽”と揶揄された茶色い制服の川崎南高校。
その全ての学校は2つ年が離れた弟とも一緒でした。南兄弟が川崎南高校に通ったという冗談のような本当の話。
私はどこにも離れることなくずっと川崎で生きてきました。

そんな兄弟が横浜と東京に挟まれた政令指定都市川崎でルーフワークスという会社を興したのはまさに必然。

入社したてのスーツを着た営業職ではなく、屋根の施工に長く関わった知識とキャリアも持つ職人がお客様に応対し、
その職人がお客様に提案し、その職人が施工し、その職人が「問題なく終わりました。もう大丈夫ですよ」と最後のご挨拶。
お客様からの現場調査、お見積書作成ご依頼から、最終完工まで安心していただけるような体制をご用意するために法人化しました。

大切なお客様のお住まいのために

最初から最後まで一貫して現場の全てを知る職人が全てのご提案と施工の説明を尽くし、
その打ち合せ通りに全てをお客様の大切な夢のマイホームに職人の想いを載せる。

そう大切なお客様のお住まいのために。

そんな会社でずっとありたいと、代表であり親方でもある私自身、身が引き締まる想いでございます。
個人事業を経て2004年にルーフワークス合同会社を設立。
この業界で仕事を始めて14年。完成させた屋根は優に1000棟を越えました。

ルーフワークスのオフィシャルサイトもこうして制作しました。

ここからがまた一からのスタートです。今度は明確なゴールはありません。